主に80~90年代の家庭用・アーケードゲームにかんする話題。遊んだゲームの感想や雑談などを。

【聴く その3】 今日は一日 ゲームサントラ自作三昧 録音編

CATEGORYゲーム音楽
今回は録音編です。私の使用機材の紹介と録音の方法についての解説になります。

1. 使用機材の紹介

YAMAHAのHDD/CDレコーダー「CDR-HD1500
recording_001.jpg

ゲームのBGM録音のためにはレコーダーは必須です。オススメは特にありません。デジタル録音(非圧縮・PCM)が可能な機器であれば何でも良いと思います。私はオーディオ趣味人でもあるので据え置き型のレコーダーを使っています。本体のHDDに録音して、編集のためにCD-RW経由でPCに落としています。

自作のアナログケーブル(Yケーブル)
recording_002.jpg

総額で1,000円弱 コストの大半はプラグ代です
recording_003.jpg

recording_005.jpg

これは以前にヘッドホンケーブル・RCAケーブルを作ったときの余りを流用しました。

RCAプラグはカナレF-09、ステレオミニプラグはトモカJS-3.5S。どちらも自作用のオーディオパーツとしては定番品です。プラグは金属製なので高級感があります。ケーブルはモガミ3080。モガミのケーブルはプロユースでの標準品になっています。こちらは本来デジタル音声向けなのですが、アナログケーブルとしても非常に良好な結果が得られます。バランスの取れた音質で私のお気に入りです。しかも1mあたり100円程度というお手頃価格なのです。

recording_006.jpg

recording_007n2.jpg

家庭用ハードであれば付属のAVケーブルをそのまま使用します。今回はアーケード基板を前提にしているので、コントロールボックスのヘッドホン端子→レコーダーのライン入力(REC)に繋ぐためにYケーブルを使用しました。

2. 録音前の下準備

MV-1Fのスライドボリューム ギャングエラーに注意
recording_008.jpg

アーケード基板の録音で注意が必要なのが、基板側のボリュームです。ボリュームが小さいと左右のギャップ(ギャングエラー)が生じます。そのため、バランスを取るためにある程度ボリュームを上げる必要があります。音量が最大10とすれば、3~4程度あれば問題ないと思います。

音出し→音量レベル調整
recording_009n2.jpg

recording_010.jpg


実際に何曲か音を出してみて、レコーダーの音量レベルを調整します。基本はピークレベルを超えなければOKですが、私の場合は後でPC側で編集(調整)するので、ここでは7~8割程度を目安にしています。

3. ひたすら録音する
準備が終わればあとは録音するだけです。

基本は2ループ
recording_012.jpg

ゲーム音楽は基本、「ループ」しています。その上で、私は通常、同じ曲の3回目の頭(A→A'→A'')でフェードアウトという想定で録音しています。これを「2ループ」などと言うらしいのですが。1回では物足りないし、3回では飽きる。3回でCD化する場合は時間的にオーバーしてしまう可能性も。そういう意味では2ループはちょうど良い感じです。なお、フェードアウト(A'')は7秒程度にしています。

録音作業ではヘッドホンの使用がオススメ
recording_013.jpg

録音作業は音をチェックしながら行うわけですが、これはヘッドホン(音を逃がしにくい密閉型がオススメ)を使ったほうが良いと思います。特にクリックノイズ(プチノイズ)の発生時、スピーカーではちょっとわかりにくい感じです。このようなノイズは編集時に取り除くことが可能なので、発生した際には該当する曲と時間帯をメモしておきます。

なお、ノイズでも「バリッ」というような、ソフトの接触不良が原因の大きな音は取り除くことは出来ません。それから何らかのバグによる音飛び・再生不良等もダメです。これらの症状が発生した場合はやり直しになります。ゲームによっては音がバグりやすいものが少なくないので注意が必要です。

ちなみに画像のヘッドホンはクリエイティブメディアの「Aurvana Live(アルバナライブ)」です。価格は5000円程度ですが音質は1万円クラスと言い切っても良いと思います。ネットの評判どおり良い音が出ます。作りがちょっとオモチャっぽいのが難点ですがw

MVSはノイズが乗りやすいです
recording_009n3.jpg

今回紹介したMV-1F(もしくはMV-1)は、ソフトにもよりますがクリックノイズが出やすいです。個人的には、特に「ワールドヒーローズ2」の録音には手を焼かされました。曲によっては7~8回「プチッ」と入ることがあり、あまりにもひどいので録音し直しても5回くらいとかw「餓狼伝説スペシャル」や「龍虎の拳」あたりはそれほどでもなかったのですが。ADKのソフトはノイズが入りやすいような?

次回は「編集編」の第1回として、クリックノイズの除去について説明したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply