ゲーム少年(きっど)のレトロゲーム懐古趣味

主に80~90年代の家庭用・アーケードゲームにかんする話題。遊んだゲームの感想や雑談などを。

Top page  1/57

【遊ぶ その157】 PCエンジン『定吉七番 秀吉の黄金』(8)

1. 第7章: 御堂筋→会所



NATTOから逃れてきた先は、スタート地点の大阪・御堂筋でした。そこで、とりあえず会所に戻って報告へ。それからこのタイミングでキクちゃんは帰宅となりました。

連れション1号
sada7_152.jpg

トイレから連れてきたゴインキョにこもんじょを見せたところ、「なんのこっちゃわからん」というわけで次はキョウジュ探しです。

連れション2号
sada7_153.jpg

同じくトイレから連れてきたガンノスケ。ガンノスケからは、キョウジュ探しには味方の選び直しが必要というアドバイスが。それからコマンドーとの戦いで壊れた包丁に代わり、新型の「ロケット包丁」を頂きました。

会所を出たところでサイフどんも帰宅。そして御堂筋を起点にキョウジュ探しに向かいます。

2. コーヒーや→よこちょう→つうてんかく

まずはキョウジュがいたコーヒーやから。そこでカマやんとマスやんの名前が出てきました。

そしてつうてんかくに行ったのですが、カマやんは相変わらず眠ったまま。カマやんには何を試しても起きないので一時退却です。

sada7_156.jpg

マスやんといえばよこちょうですが、最初に行った時点では不在でした。そこで大阪の街を一通り調べた後で再チャレンジ。すると今度は「だれかいるようです」と表示されて、そこから「さがす」でマスやんを発見。これでカマやんの話が先に進みそうです。

逆読み1
sada7_158.jpg

しかし、それでもカマやんは起きません。その代わりにビリケンさんを「しらべる」で、なぜかビリケンさんがむずむずし始めて「ふうとう」を入手。そして↑がその中身なわけですが、つまりそういうことですね。

3. コーヒーや→トラノスケ

逆読み2
sada7_159.jpg

コーヒーやの店主にミニくまでを見せると、今度は別の「ふうとう」を入手。

sada7_160.jpg

コーヒーやを出ると、ふいにトラノスケが駆けつけてきました。トラノスケによると、キョウジュが誘拐されたとのこと。さらにNATTOに仲間の情報が漏れているようです。

4. カマやんのどかし方



ひとまず会所に戻ってキョウジュの件をゴインキョに報告、そしてマスやんのいるよこちょうへ。

「わらかす」が決め手のようです
sada7_161.jpg

これからカマやんを起こす(実際には「どかす」)必要があるのですが、その前にマスやんを「わらかす」ことでフラグが成立するようです。

sada7_164.jpg

カマやんを「しらべる」とむずむずし始めるので、そこでまずはミニくまでを使います。

「カマやんなら笑かせる」というわけで
sada7_165.jpg

それから「わらかす」で寝返りをうたせ、「ふくろ」から「ふるちず」を回収です。むずむずからのミニくまでは予想できましたが、そこからのもう1手間が厄介でした。

5. 会所→真田山

sada7_166.jpg

会所に戻りゴインキョに報告。そしてこもんじょとふるちずを使うと、黄金は真田山に隠されていることが判明。

かぎに詳しい味方が必要です
sada7_168.jpg

金子さんの案内で御堂筋から真田山へ。しかし、入り口にはカギがかかっていて中に入れません。

6. 会所→うらのしょくどう

sada7_169.jpg

会所でガンノスケに相談。すると味方についてはマスやんから~となり、さらに暗闇で役に立つという「おたのしみぶくろ」を頂きました。

sada7_170.jpg

よこちょうにいるはずのマスやんは不在。しかし、探したついでに別のしょくどうを発見。ここではお客の学生とサラリーマンを相手にしつつ、テレビをつけてマスやんの居場所を発見する流れになっています。しかし、問題はその後でした。テレビをつけてもそこから話が進みません。正解は「さがす」→「マスやん」なのですが、テレビなので素直に「みる」で良かったと思いますw

7. うめだ→御堂筋

sada7_171.jpg

そしてうめだでマスやんに会い、かぎ開けのプロ「おクメはん」を勧められました。でもどこにいるかは謎です。

なにやら様子がヘンですが
sada7_173.jpg

おクメはんを探していたところ、御堂筋でトラノスケを発見。トラノスケは何かを隠しているようですが、とりあえず次は大阪城に向かいます。
スポンサーサイト



【遊ぶ その156】 PCエンジン 『ニュートピア』(3)

1. 地下の世界(1): ダンジョン→暗闇→撤退



Subterranean Sphere Map
URL

neutopia_050.jpg

地下の世界。この世界は岩山と炎(溶岩)、そして眠くなりそうなBGMが特徴です。

neutopia_052.jpg

スタート地点から北西へ。岩に化けているモンスターを倒し、さらに北に進みます。

早くもダンジョンへ
neutopia_054.jpg

途中で「くらやみを てらす ヒカリゴケを‥」という忠告をスルーして、あえてダンジョンに突入。

やはりこうなります
neutopia_055.jpg

そして忠告のとおりすぐに手詰まり状態になり、あえなく撤退です。ちなみに、↑のハニワのようなモンスターは頭突き攻撃が得意です。攻撃のスピードが速めで耐久力も高めなので、深追いはなるべく避けるようにしています。

2. ヒカリゴケ→力の修行僧

neutopia_056.jpg

ダンジョンの入口から1画面東の地点。

neutopia_057.jpg

隠れ家に済む老人から「ヒカリゴケ」を回収。

neutopia_058.jpg

ダンジョンの探索の前に、5つ前の画像から南へ進み、

neutopia_059.jpg

力の修行僧から爆弾を持てる量を増やしてもらいました。

3. 地下の世界のダンジョン(1)

Neutopia - Labyrinth 03 Map
URL

明るくなった後が注意!
neutopia_069.jpg

ヒカリゴケを使ってダンジョン内を探索。今後はヒカリゴケを使う場面が何度も出てきますが、そこで問題になるのがアイテムの切り替え(画面左上、IIのみ)です。いつものまほうのつえに戻したと思ったら、なぜかくすりになっていて‥というミスがコワイのです。くすりはライフが満タンでも消費してしまうので、攻撃したつもりが出ない、おかしいな?と思ったらアウトなのです!

neutopia_063.jpg

攻撃すると分裂するスライム。分裂すると急に素早くなります。それから出たり消えたりを繰り返す幽霊。姿が見える時にダメージを与えることができる(ただし剣以外は×)のですが、微妙にフラフラして攻撃を当てにくい厄介者です。

neutopia_070.jpg

真ん中の穴からハニワがわらわらと‥という罠。いくら倒しても出てくるので、適当に攻撃していわゆるノックバックを利用して進みます。

都合の悪い場面はカットです!
neutopia_064.jpg

かぎのある部屋(右側)の1つ前。入ると下・右の出入り口が塞がれる仕掛けで、特定のブロックを押すと解除されます。問題はかぎを取った後で、そのブロックの場所をよく忘れてしまうのです。たとえ1つ前の話でもwこの手の仕掛けはダンジョンでは「あるある」なのが困りものです。

neutopia_065.jpg

マップのやや中央、隠し通路を利用すればスタート地点から3画面北。この部屋の老人から敵の飛び道具を弾く「せいどうのたて」を回収。

neutopia_067.jpg

ボスのコウモリ男的なモンスター×2。辺りを動き回り、止まった直後にナイフを投げつけてきます。初見ではナイフは避けるしかないと思いこんで苦戦したのですが、実は盾で防げるとわかって問題は解決。さらに1体当たりの耐久力は低めなこともあり、特に問題なしです。

【お買い物記録 その32】 ファミコン 『マリオブラザーズ』 ほか

1. 『マリオブラザーズ』

落札価格は300円
mariobros_001.jpg

以前に紹介した『スパルタンX』に加え、当時のお友達のローンチタイトルの2つ目が『マリオブラザーズ』であり、それは私が2番目に遊んだソフトということになります。

裏側のシールがキレイで満足です
mariobros_002.jpg

『マリオブラザーズ』は、とにかく難しい・ハードルが高いゲームという印象でした。まずはややクセのある基本動作(滑りやすい、ジャンプの制御ができないなど)に慣れる必要があり、そこから敵を倒す手順(敵の足場を狙ってジャンプ→ダウン→弾き飛ばす)も複雑。そのため、遊びやすさという意味では圧倒的に『スパルタンX』の勝ちでした。

お取り寄せ後に動作確認で少し遊んでみたのですが、やはり難しい!1面クリアするのに20分くらいかかってしまいましたw

2. 『ナムコクラシック』

落札価格は100円
n_classic_001.jpg

n_classic_002.jpg

以前に『ファミリーマージャン』などをお取り寄せした影響か、最近はナムコがちょっとしたマイブームになっています。そして、ナムコといえばゴルフもあったことを思い出して‥というわけです。

ナムコクラシック 関連CM集 1988 - 1998年 Uploaded by GCMC:ゲームCMコレクター さま


今まで「ベリースペシャルサンキュー」なCM=『ナムコクラシック』と記憶していたのですが、実はそれはゲームボーイ版と『2』のCMだったようですね。

3. 『バイオ戦士DAN』

bio_dan_001.jpg

bio_dan_002.jpg

『バイオ戦士DAN』。こちらは長らく、「攻略本」でその存在を知っていたソフトになります。今から30年以上前、たしか従兄弟の家に無造作に置かれていてそこからという流れです。内容は、一見すると『メトロイド』のようなSF調で硬派な探索型アクション。しかし、そこでなぜか謎の中国人や関西弁の店主が登場したり、さらにミニゲームの相撲など‥。このように世界観がオカシイというか、何ともつかみどころのないヘンなゲームという印象でした。

ヘンな部分はさておき、実はなかなか面白そうだと思い始めたのは割と最近の話で、それはニコニコ動画(プレイ動画)の影響です。それから間もなく、ゲーム中に流れる特徴的なBGMはどこかで聴いたような‥と調べてみると、やはり『女神転生』シリーズの増子司さんでした。さらに、ゲームの開発はアトラスという事実も判明。これだけの好材料が揃っている以上、やはり一度遊んでみるべきと考えるようになりました。

落札価格は800円。10年前なら間違いなく100円でしたが、今はこのくらいが相場だと思います。先ほどの好材料に加え、『ゲームセンターCX』効果やゲーム内容の再評価などの影響もあり、近年は値上がり傾向のようです。

【遊ぶ その155】 ファミコン版 『ドラゴンクエストIII』(23)

1. 精霊のほこら→あまぐものつえ



dq3_459.jpg

ドムドーラから岩沿いに東へ。そして2つ目の橋を渡り、精霊のほこらへ。

ちなみに、このあたりはモンスターの出現率が異常に高いです。しかも強いのが揃ってます。ボストロールにまおうのかげ、それからメイジキメラが特に厄介です。

やはり1ターンで仕留めないとダメですね
dq3_458.jpg

そして、今回はその厄介な連中に徹底的に痛めつけられてしまいましたw

dq3_461.jpg

間一髪でほこらに駆け込み、精霊ルビスに仕えていたという妖精から「あまぐものつえ」を頂きました。

2. メルキドの町

dq3_480.jpg

精霊のほこらに続く橋から北に進み、メルキドの町へ。

すでに3つ揃ってますね
dq3_462.jpg

ここでは魔王の島にかんする情報がメインです。

それから、宿屋に宿泊していたガライについて。今考えるとぎんのたてごとの回収は、ここで「いえに おいてきた」という話を聞いた後が自然でした。

3. リムルダールの町→いのちのゆびわ

dq3_466.jpg

ドムドーラの緑地からひたすら東へ。途中でゴールドマンとばくだんいわが出現すればあと少し。そして、ようやくリムルダールの町に到着。

dq3_468.jpg

まずは宿屋で「いのちのゆびわ」を回収。1歩歩くたびにHPが1回復する便利なアイテムです。

『ドラクエ3』でも屈指の重要機密!
dq3_470.jpg

看守からウソつき呼ばわりされている囚人。しかし、この情報がないと私のような初見ユーザーには厳しかったと思います。それから初見プレイへの配慮という意味では、蒸し返しになりますが以前に回収したようせいのふえです。ココで配慮があるならもう少し‥というわけです。

やはり内容に変化が
dq3_471.jpg

町の外れに住んでいる老人。以前、ここでまほうのかぎを見せると話の内容が変わるという情報を見て、いつか試してみたいと思っていたのです。そして実際に試してみたのですが、たしかに変わってますね。これで話が未来につながるというわけです。

4. 聖なるほこら→にじのしずく

dq3_473.jpg

リムルダールの船着き場から南に進み、聖なるほこらへ。

dq3_474.jpg

そして、ほこらの老人から「にじのしずく」を頂きました。

5. まほうのビキニ→修行→らいじんのけん



にじのしずくを手に入れて、そのままゾーマの城へ直行では「作業」な感じがします。そこで今回は少し寄り道をして、まずは以前に検討していたまほうのビキニにチャレンジしてみました。

出現率はどこでも同じだと思います
dq3_475.jpg

当初は船でウロウロしながらキングマーマンの漁を開始したのですが、まもなく効率が悪すぎることが発覚。そういえば海ではモンスターの出現率が低めなのでした。そこでぎんのたてごとを使って漁を再開。

キングマーマンは、アイテムドロップという意味ではごくらくちょうを呼ぶのが厄介です。キングマーマンを後回しにするつもりが‥というミスは動画にも収録しています。

ホントに早すぎです!
dq3_476.jpg

しかし、それでも開始から時間的には20分もかかっていないと思います。想定よりもアッサリとコレクション入りです。

予定時間が余ったので、ついでにらいじんのけんもチャレンジ。ところがコレが全然出てこないのですwそこで、目的をレベルアップのための修行と切り替えて、そのついでにらいじんのけんを手に入れる作戦へ。まあ、これは単なる気分的なごまかしなわけですがw

34年目の新発見!
dq3_477.jpg

修行中マドハンドと何度も戦っている間に、ある重大な法則を発見。マドハンドが他のモンスターと一緒に出現する場合、マドハンドが左側ではだいまじんを呼び、右側(↑で言えばスライムベス・マドハンドの順)では絶対に呼ばない。この現象を私は「マドハンドの左手の法則」と名付けたのですが、コレは割と有名な話なのでしょうか?

おかげでかなり強くなりました!
dq3_479.jpg

そして長い修業の末、なんとからいじんのけんを入手。トータルではおそらく5~6時間はかかったと思いますが、まさかこんなに手間がかかるとは!らいじんのけんは毎回必ず、しかも苦もなく手に入るイメージだったのですが。

もしかすると、まほうのビキニがラクに手に入った影響(内部調整)かも?

【遊ぶ その154】 ファミコン版 『ドラゴンクエストIII』(22)

1. 岩山の洞窟



なにやら重要そうに見えますが
dq3_446.jpg

ラダトームの西にある岩山の洞窟。ここはゲームの攻略とは無関係ですが、例によって探索です。

dq3_447.jpg

内部はやや広め+複雑になっていて、

dq3_448.jpg

何かと行き止まりが多いのが特徴です。

左側はミミックです
dq3_449.jpg

そして地下2階の一番奥、ココだけの限定アイテム「じごくのよろい」を回収して探索は終了です。

2. ドムドーラの町→オリハルコン→おうじゃのけん

dq3_450.jpg

岩山の洞窟の南、ドムドーラの町。

dq3_451.jpg

まずは武器屋の「ちからのたて」。戦闘中に使うとベホイミの効果が‥という話を知った理由は定かではありませんが、コレが後の『ドラクエ2』に生かされた記憶は強く残っています。「高すぎだけど『3』でも効果があったから」みたいな。

やはり教えてくれません
dq3_450.jpg

マイラに続いてのひかりのたまの情報。上の世界にあることはわかっても、肝心の場所は不明です。

近所の方の目撃情報をもとに‥
dq3_453.jpg

こんなところに!みたいな
dq3_454.jpg

それからドムドーラと言えば「オリハルコン」ですが、もちろん不自然な回収はしません。ここは以前のいかづちのつえと同じく、ごく自然な感じで。

すぐにではなかったのでした
dq3_455.jpg

そして、マイラの道具屋にオリハルコンを売却→おうじゃのけんをお買い上げ。しかしこの場面、一度村の外に出てからという仕様を忘れていて、動画ではやや挙動不審な動作になっています。

3. 竜の女王の城→ひかりのたま

ラーミアでダーマの北西へ
dq3_456.jpg

アリアハンの地下牢から始まった話は、結局のところドムドーラでの「らしい」以上の情報はないのが真相で、

dq3_457.jpg

ここは上の世界で竜の女王の城を探したことにして、女王からひかりのたまを頂きました。

ちなみに、これまで誰も「竜の女王がひかりのたまを持っている」とは言っていなかった(どちらも個別の情報)はずなので、全ては城を見つけたあとで判明するわけですね。