ゲーム少年(きっど)のレトロゲーム懐古趣味

主に80~90年代の家庭用・アーケードゲームにかんする話題。遊んだゲームの感想や雑談などを。

Top page  1/5

【集める その2】 続・機動戦士ガンダムマンチョコ

1. 次は「ジオン」のはずが‥
次は「ジオン公国軍」が出たら買ってみると言っていた矢先、もうすこし「連邦軍」を‥なんてw

前回のアムロゼウスはレアだったようで、こうなると「また良いのが当たるのでは?」と考えてしまうのがおまけシールの怖さです。もう買うしかありませんw

今回はアムロ・セイラを1つずつ
gundamman_009.jpg

今回はアムロ・セイラを1個ずつ買ってみました。ちなみに一番うしろから選んでます。

今はシールのコレクションから離れているので、「大人買い」なんてことはしません。買うとしても一度にせいぜい2、3個です。

2. 開封の儀

まずはアムロから
gundamman_010.jpg

前回はセイラだったので、せっかくなので今回はアムロから開けてみます。

やっぱりこの瞬間が楽しいです
gundamman_011.jpg

私の場合、袋を開けて、しばらくの間は中身を見ません。当たりかハズレか、そんなのは確かめればすぐにわかることです。しかしここで、あえてどちらかを想像する過程・時間こそが楽しいのですwおまけシールはすぐに結果を確認してしまうと楽しさ半減です。

結果は‥ビミョーw
gundamman_012.jpg/gundamman_013n2.jpg/


連邦軍なのでガンキャノンやガンタンクあたりを期待してたんですが、乗り物系のGファイターがwまあ一応、アニメ的にはレギュラー格ということでよしとしておきます。

次はセイラ
gundamman_014.jpg

‥なんと、セイラだけにセイラがw
gundamman_015.jpg/gundamman_016.jpg/


レアじゃないですが、セイラなら当たりじゃないですか?袋のデザインと同じですし。

連邦軍バージョンは十分楽しんだので、次こそはジオン軍が出たらまた試してみたいと思います。正直ガンダムは連邦よりジオンのほうが好みなんですよね。特にMSのバリエーションが豊富なところが良い感じなのです。
スポンサーサイト



【遊ぶ その4】 凄ノ王伝説(6)

1. 海の凄ノ王の城を探索



00:01~
しまの町から海の凄ノ王の城へ。かがみの盾を使って入ります。

辺りを探索していると「はんぎょじん」が出現。しかし、もはや並大抵ではアーマードスーツ(レーザー攻撃)の敵ではありません。敵の先制攻撃なんてかわいいもんですよ、すぐ何十倍にしてお返しですからw

戦闘後、床下に閉じ込められている捕虜(船乗り)を助けるという流れに。周りにヒントらしき物は見当たらなかったので、とりあえず2Fへ。

01:38~
2Fの通路にはトラップが仕掛けられていて、当たると20近いダメージを受けます。これは結構危なかったです。上手くタイミングを合わせればノーダメージで行けそうですが。

2Fではもう1人の捕虜を発見。南西の部屋にある床を踏むと牢が開くという話です。

牢屋の仕掛けを解いた後、再び捕虜のところへ。この人は「タビトだんの盗賊」で、主人公と何やら因縁があるらしいのですが、よくわかりませんw盗賊によれば、「ちかに降りるかいだんの西」に行けば船乗りを助けるためのカギが手に入るとのこと。

2. 「かいだんの西」に苦戦する

03:49~
次は西か‥とは言うものの、この時点では、私は「ちかに降りるかいだんの西」という意味がよくわかりませんでした。盗賊のメッセージで一時フリーズしていた理由は、「これってどういう意味‥?」としばし考え込んでいたからです。

それでも、とにかく探せば何とかなると考えて、2F、1F、地下と、合計1時間以上は調べた(この場面はもちろん省略していますが)と思いますが、やっぱりよくわからないんですよね。そして、最後は地下の洞窟に行き着いて、トラップにハマって全滅wこれはどうしたものかなと。

05:12~
再び城へ。今度は1Fから探し回ったんですが、ホントにわからないんですよ。それからしばらくの後、1Fから地下に行く階段の手前で、「このまま行ってもまたトラップで全滅‥」と考えて、向きを変えて左側の行き止まりで「‥あっ、コレか!」と。たしかにこれは、「かいだんの西」ですw西なんて言われると結構離れたところにあるのかなと思い込んでいました。この場合、「隣」と説明してくれたらもう少し早くわかってたと思うんですが。行き止まりの部屋を調べると床にスイッチがあって、そこから地下へ。

地下ではゲーム中に何度か名前だけは出ていた「瓜生」と対面。そのうち仲間になるみたいな予告の後にその場から撤退しました。それから「かいほうのカギ」を手に入れて1Fへ。

06:39~
船乗りを救出後、「ふうじのたま」を入手。これで地下のトラップも平気です。

トラップのある洞窟を進み、ボスの部屋らしき入口の前でイベント発生。さっきの船乗り?から中に入るための「みずのほうせき」を渡されます。しかし、船乗りはその直後に敵に始末されてしまいました。せっかく助かったのにw

3. 海の凄ノ王の実力は‥?

08:16~
ボス戦前のバトル。これはこのゲームのお約束になってますね。まあしかし、やっぱり大したことはありません。

海の凄ノ王。今までのボス戦とは違うBGM、主人公の分身とか、何やら強敵を予感させるセリフ。これは慎重にかからないとヤバいと考えて、まずはジャックにハイパーバリアを使わせて、同時に距離を詰めさせることにしました。

しかし、本当にヤバいのはアーマードスーツだったのです。なんと、たったの2発で倒してしまいましたw結局、海の凄ノ王の実力はわからずじまいになってしまいました。

今になって、アーマードスーツを買ったのは失敗だったかなと。しかし、これがなくてもジャックを雇った時点で勝負はついていたような。どの道ジャックの2発目には耐えられなかったでしょうし。

4. ミニゲーム
しまの町→南のみなと町へ。町の人の情報から、次はみなと町の西(前回のマッドサタン狩りの箇所)にある「山の村」に行くことに。

しかし、今回はこれ以上進めないことにして、町の少年からもらった「Huカード」を少し試してみました。

Huカードは風船を割るミニゲーム(宿屋専用)になっています。最初は操作法がわからず、いきなりゲームオーバーに。2回目で道具が使えることがわかってそれなりに動かせたんですが、結局クリアはできませんでした。

私はRPGの場合は録画(GV-USB2+アマレコ)しながら遊んでいるので、ちょっとシビアな操作が求められるとラグの問題でお手上げになってしまいます。まあ言い訳なんですけどw

【集める その1】 機動戦士ガンダムマンチョコ

カテゴリ「集める」は、ゲーム関連やそれ以外の、いろんなコレクションの紹介になります。「それ以外」は、食玩(シール・カード類)、マンガ・アニメ系が多めになると思います。そして、やはりどれも80~90年代物が大半になると思います。

1. いきなり「新商品」の理由とは?
今回紹介するのは、「機動戦士ガンダムマンチョコ」です。そうです。最近発売の、あのビックリマンとガンダムのコラボ企画です。

ロッテ・機動戦士ガンダムマンチョコ
http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/news/518_gundamman.html

80~90年代物が大半になると言いつつ、いきなり新商品とは何事かwと思うかも知れません。しかし、これには深い理由があるのです。

私を含め、90年代前半の格ゲーブームをリアルタイムで知っている世代。それは、=ビックリマンに代表されるおまけシールブームの強い影響を受けた世代でもあるのです。ちなみに、ブログのプロフィール画像はまさにそれ(こちらはビックリマンではなく、当時2番人気の「ガムラツイスト」をモチーフにしています)なんですけどね。

そんなわけで、私としては未だにこういう菓子類には弱いんですよwスーパーやコンビニなどで目が止まると、「最近のはどうなってるんだろう?」なんてたまに買ってしまうのです。今回のガンダムマンチョコも、そんなノリで数日前に。「なるべく良いのが当たるように‥」なんて、真ん中辺りから1つw

2. ガンダムマンチョコの外観

絵柄はアムロとセイラの2種類。私はセイラを選びました
gundamman_008.jpg/gundamman_002.jpg/


表側に「地球連邦軍」と表記されていますが、裏側の説明を見ると、「ジオン公国軍」バージョンもあるようです。公式サイトによると、連邦とジオンで地域によって発売日が異なるようです。私の地域ではジオンはまだみたいです。

3. 開封の儀

いつもは手で開けるんですが、今回はハサミで
gundamman_003.jpg

どんなシールが当たるか‥!?キラキラ(ヘッドなんて呼ばれてましたが、今はレアですか)が当たるかなんて、未だにこの瞬間がウキウキしてくるのですw

これは‥レアなのか?
gundamman_004.jpg

出てきたのは、スーパーアムロゼウスでした。

gundamman_005.jpg

スーパーゼウスとアムロのコラボキャラということで、おそらくレアなんでしょうけど、イマイチ実感が無いと言うか‥。

私の世代でビックリマンのヘッド(=レア)と言えば、やはり背景がプリズム・ホログラム仕様をイメージします。今回のようなタイプは「アルミシール」等と呼んでいて、これは天使シールの素材ということで、ランクが1つ落ちる扱いなのです。

4. 食べる

gundamman_006.jpg

おまけシール付きのお菓子と言えばウェハースチョコが定番です。妖怪ウォッチのやつはハッキリ言ってマズいですが、ビックリマンは安心して食べられます。おいしいです。

おいしいけど、この味じゃない
gundamman_007.jpg

ビックリマンチョコを食べたのは数年ぶりだと思いますが、既に肝心な物が入っていないタイプが定着しているんですよね。30円時代には確かに入っていたピーナッツが無いのです。今は代わりにクッキークランチなるものが入っています。「2000」の時はどうだったのかは、さすがに覚えていませんがwともあれ、ピーナッツ風味の効いた香ばしい「あの味」が懐かしいです。

次はジオンのバージョンが出たら1つ買ってみようかと考えています。

ジオンネタで公式サイトを見てびっくりしたことが1つ。あの「エルメス」は許されるのでしょうか?つい最近までは「ララァ・スン専用MA」なんて名称になってたはずですが。

【見る その5】 カナヤ商会で シグマ電子・Σ1AV本体 + Σ3TBコントローラー の取り扱いを開始

CATEGORY見る
1. シグマ電子の新型コントロールボックス
カナヤ商会さんのサイトを見てみると、トップページにシグマ電子の新型コントロールボックスの画像が。

アミューズメントゲームマシン カナヤ商会
http://www.game-kanaya.com/

新品・シグマコントロールBOX セパレートタイプ(Σ1AV本体&Σ3TBコントローラー)
http://www.game-kanaya.com/osusumepaneru2/paneru2.html

Σ1A(本体)とΣ3TB(コントローラー)については、少し前に「シグマ電子@wiki」でその存在を知っていたのですが、最近になって専門店でも取り扱いが始まったようです。いつものとおり、たろすけさん経由で調べた限りでは、今回紹介したカナヤ商会さんが最初のようですね。

見た目について。新型は、カラーが旧型よりも少し明るい感じのグレー(単に撮影上の関係でしょうか?)が基調になっています。それから、本体のイラストはジェット機(コンコルド?)になっています。旧型はレーシングカーでした。‥それにしても、何と言うかシグマ電子のイラストデザインは独特なものがありますw別に悪い意味で言ってるわけじゃないんですけどね。それからコントローラーは、新型がホワイトを基調に変更。旧型はグレーでした。

その他、基本的な仕様・性能については旧型と同等ですが、コントローラーと本体をつなぐ接続端子が仕様変更になっています。

基本的には同じというわけで、ついでにコントローラーについて。これは一見すると8ボタン仕様に見えますが、実は左側の青ボタン×2は、「コイン・スタート」が割り振られています。配線を変えればネオジオコントローラーみたいな使い方も出来るのかも知れません(その場合は、コイン・スタートボタンに連射スイッチが付いていない問題も)が、標準はスト2の6ボタン仕様です。

カナヤ商会さんでは本体+コントローラー×2のセット販売(税込:64,900円)が前提のようですが、他店ではどんな感じになるのか気になります。近日中には他の専門店でも取り扱いが始まると思われます。

2. HDMIコンバーターの再販は?
シグマ電子つながりでもう一つ。どこの情報かは忘れましたが、以前に発売されていた「HDMIコンバーター」が年内に再販予定という話があります。これは、シグマ製のコントロールボックスをHDMI入力対応のPCモニター等で楽しむことが出来るアップスキャンコンバータです。

こちらについて、私はRGBモニターがあるので、正直、今どうしても必要というわけではありません。ただ、今後の「保険」として買っておくのも悪くないかな?と思っています。

【聴く その1】 今日は一日 ゲームサントラ自作三昧(補足)

CATEGORY聴く
1. サンプル曲を追加
前回用意した曲は「豪血寺一族」からでしたが、今回はもう少しサンプルを増やしてみました。

ただし、今回は市販品との比較ではなくて、全て基板から録音したもの(今回は全て音量調整のみ)だけです。もし読者の方で市販品のCDを持っている等、とにかくBGMを聴くことが出来る環境があれば比べてみてくださいという企画です。オーディオデータは前回と同じくMP3・320kbpsとなっています。

1. ワールドヒーローズ1_ハンゾウのテーマ


2. ワールドヒーローズ2_DIOのテーマ


3. 龍虎の拳1_キングのテーマ


4. 餓狼伝説スペシャル_ビッグ・ベアのテーマ


5. ファイターズヒストリーダイナマイト_ヨンミーのテーマ


どれもMVSでは定番のタイトルですが、曲は私のお気に入りを選んでみました。

残念ながら、今の私はこれらの曲の市販品は所有していないのです。しかし、所有している方が実際に聴き比べてみると、10人中10人は、やっぱり市販品とは違うという感想になるでしょう。‥いや、なります。絶対にw

2. 市販品は否定しませんが‥
かと言って、私は市販のサントラを全否定するわけではありません。もちろん自作が最高に違いない(w)のですが、例えばオーディオ製品として曲を聴きやすくする意図での編集や加工、あるいは高音質の追求、徹底したノイズ対策等。これらは同意は出来ませんが、コンセプトの一つして理解は出来ます。

その他、例えばレアなソフトや、サウンドテストがない・プレイしながらの録音はSE・CVが被る等、様々な理由で録音が困難なゲームもあって、そんな音源が欲しい場合は市販品のお世話になることもあるでしょう。実際私もそのような理由で、市販品をいくつか所有していますし。

しかし、やはり実機からの録音作業で得られる音源は、市販品とは決定的に異なるのです。作業には少々手間がかかりますが、自作したサントラを聴いた瞬間の、「そうそう、この音だ!」という感覚は、決して市販品で得ることは出来ないのです。

【聴く その1】 今日は一日 ゲームサントラ自作三昧

CATEGORY聴く
カテゴリ「聴く」は、ゲーム音楽の録音ネタがメインになると思います。

1. ゲームサントラでゲーセン気分
90年代前半から中盤にかけての格ゲー全盛期。当時小・中学生だった私も、ブームの影響を受けて、おこづかいの大半は当然のようにゲーセンで使っていたものです。

とはいえ、それも月1,000~1,500円くらい(今どきはどんな感じなんでしょう?)ですから、実際に遊べる回数は、基本、そう多くはないわけです。当時の行動パターンは、週一くらいでなじみの店で、200円で4プレイ(100円で2回)とか、そんなものです。

まあしかし、とにかくブームの真っ只中でしたから、もっと遊びたいわけですよwお盆やお正月みたいなイベントで遊べる回数が増えることもありましたが、出来るなら毎日でも遊びたいのが本音でした。

そんなもっと遊びたいという気分を紛らわせてくれたのが、アーケードゲームのサントラ(サウンドトラック)CDでした。先程のような臨時収入を利用して、お目当てのゲームソフト+サントラを買う。これがこの時期のまとまったお金の使い方、行動パターンだったように思います。

当時購入したサントラで特に印象に残っているのが、ポニーキャニオン・サイトロンレーベルの「餓狼伝説スペシャル」。これを聴くことでゲーセン気分を味わったものです。当時はクリアどころかほとんど5~6人目くらいで止まっていた(調子が良くてもビリーまで)ので、例えばギースやリョウのテーマは特にレアな感じでした。

サントラのメリットは、ゲーセン気分だけではありません。実際に遊んでる時には周りの音で聴こえにくい、当時の家庭用ゲームでは味わえない豪華なBGMをじっくり楽しむことも出来ます。ゲームは遊ぶだけじゃなくて、聴くことでも十分楽しめる。ゲーセンの代わりとして買ったサントラの思わぬ副産物でした。

2. サントラCDへの「違和感」
餓狼伝説スペシャル、サムライスピリッツ、ワールドヒーローズ2‥。当時ヒットしたゲームのサントラを何枚か聴き込んだ後の話です。ある時期まではとても楽しかったはずが、ふいに「どうもこれは変だな?」と、今まで買い求めたサントラに対する違和感を感じるようになったのです。これらは確かにサントラなのに、実際のゲームで流れるBGMとは何かが違うと。

これは間違えてアレンジ版を買った(実際そういう「事故」もありましたがw)というオチではなくて、オリジナルのサウンドトラック、全く同じBGMでの話です。ゲームとサントラ、内容は全く同じはずなのに、違うわけです。

3. 市販のサントラは「アレンジバージョン」だった!
当時のサントラに対する違和感の正体。それはその時点は上手く言葉にできなかったのですが、それからしばらくの後、実は市販のサントラは、大半の場合、BGMにいろいろな加工・編集をしていることがわかったのです。なるほど、どうりで音が違うわけだと。手を加えているなら違って当然じゃないかと。

違和感や加工・編集と、単に言葉で表すだけでは読者の方には通じないかも知れません。というわけで、ここで一つ実例を用意してみましたので、ぜひ一度聴き比べていただければと思います。

サンプル曲は、豪血寺一族(初代)のキース・ウェインのテーマです。1つ目が市販品(サイトロン)、2つ目が私が基板から録音(音量調整・ヒスノイズ除去済み)したものです。それぞれ冒頭部分から20秒程度取り出しています。オーディオデータは、本来はWAVの予定でしたが、容量的な問題でMP3・320kbpsとなっています。それから、出来ればヘッドホンでの試聴をオススメ(音量にご注意ください!)します。

1. 市販品 豪血寺一族/ATLUS(サイトロン)


2. 基板から録音


3. 1+2


両者を聴き比べてみると、1. は低音が強調されていて、「もや」がかかった感じ。音は左右に広がる傾向。それからステレオ的な編集が施されています。ちなみにこのゲームのBGMは、本来はモノラルです。2. は、とにかく素直というか、クセのない、フラットでストレートな印象です。もちろん音はモノラルそのものです。

この違いは私からすると決定的で、「なんじゃこれは?」となるわけです。市販品はサントラでありながらアレンジアルバムじゃないかと。サントラなのに実際のゲームとは全く違う音なわけですから。

個人的な印象ですが、市販のサントラCDは、実機で再生されるBGMとは音が違って聴こえるものが大半じゃないかと思います。豪血寺や餓狼伝説などが例外とは思えません。

4. ゲームサントラは自作に限る
私にとってのゲーム音楽とは、実際のハード・ソフトの回路やアナログケーブルを介して再生される音が前提であり、それが最高であるべきだ・最高に決まっているという「こだわり」があります。こちらについて異論は一切認めませんwそして、出来ればそれに近い音が聴きたいわけです。そのため、今となっては、市販のサントラではどうにも満足できないのです。

最近は本体の改造等で、極限までノイズ対策を施したことを売りにしているサントラもありますが、これもダメです。なぜなら音がキレイすぎるからです。これは、言わば極限までキレイという一種のアレンジでしょう。その上で、BGMに何らかの編集・加工も施しているとすれば、それはアレンジのアレンジということになります。なんだかわけがわかりませんねw

音を加工してはいけない、キレイ過ぎてもダメ。私は決して無理難題を言ってるわけではなく、ただ遊んでいるときの音が聴きたいだけなのです。しかしそれは、お金を出しても決して手に入らないのが実情です。

ということは、自作しか無いというわけです。

そのようなわけで、このコーナーでは、今後しばらくの間、サントラ制作についての自分なりのやり方、経験談などについていろいろ語っていきたいと考えています。

【資料室 その4】 セットアップ・21インチ業務用RGBモニター

セットアップ・21インチ業務用RGBモニター
発売年度:2004? メーカー:セットアップ
・Manual 1 2 3 4 5(各jpgファイル)


1. 当時でもRGBモニターは希少品
私がアーケード基板を扱うようになって1年程経った後だと思います。アーケードゲームで遊ぶなら、やはりゲーセンと同じRGBモニターで‥と考えるようになって、いろいろ調べたことがあります。

しかし、当時、2000年代の前半でも、既にRGBモニターを扱っている基板の専門店はほとんど無かったと記憶しています。そもそもブラウン管モニター自体が製造中止の流れだったので。

それでたまに中古品が出回る程度で、それも画面焼けが多いとか、コンディションでちょっと心配なものが2~3万円みたいな相場だったと思います。モニターは個人で修理ができないので、出来れば新品をと考えて、希少でも中古品は避けていました。

それからしばらくの後、セットアップという専門店(現在は撤退)で、新品のモニターを販売予定という告知を見て、「ついに来たか‥!」と。

2. アーケードゲーム関連では最大のお買い物

スチール製のケースに収納されたセットアップのモニター
s_monitor06.jpg

セットアップで販売されていたモニターは、14・21インチの2種類。価格はたしか5万円前後。14インチが49,800円、21インチが54,800円とか、そんな感じだったと思います。

私は、なるべくなら大画面でということで、サイズは21インチを選択。

入力端子はそれぞれRGB15(2列)・21ピンが用意されていて、私は15ピンを選択しました。確か15ピン仕様のほうが少し安いという理由で。送料も5,000円くらいかかったので、たとえ1,000円違うだけでもバカになりません。それに、モニターに写っている「サムライスピリッツ」も、当時は500~1,000円で入手可能だったので、ちょっとした節約でもソフト1、2本分の価値がありました。

品物が届いたときの感想は、思ったよりデカいことと、とにかく重たいことでした。ブラウン管自体が重たいこともありましたが、+スチール製のケースに収納されているので、重量は25kg。部屋まで持っていくのに一苦労でしたw

実際にモニターに映して遊んだときの感想は、とにかく画面が綺麗だなと。ドットの1粒1粒がクッキリと映っています。標準のAVケーブルからS端子に変えたときも結構驚いたんですが、RGBは全然違います。まさにゲーセンそのままの画質ということで大満足でした。

21インチのメリットは「ちょうど良さ」と見ツケタリ
s_monitor07.jpg/s_monitor08.jpg/


21インチと言えば、おそらくテーブル筐体などに使われていたモデルでしょう。90年代のゲーセンの定番、アストロシティは29インチだったと思いますが、21インチもあればゲームの迫力は十分伝わります。サイズが大きいと、その分キャラクターも大きくなってかえって見づらいこともあります。その点、21インチはちょうど良い感じです。やはり14インチを選ばなくて正解でした。重たいですけどw

モニターの発売後、気がついたころにはセットアップは業務から撤退。それから10年以上経過していますが、我が家のモニターは購入当初と変わらず元気です。平均して年間50時間前後しか使っていないので、まだまだ全然大丈夫でしょう。

後にも先にも、私はアーケードゲームでこんな大金を投じたことはありませんw基板も大半は5,000円以下、2万円以上するものは1枚(それぞれ購入時の価格)だけですから。

【工作室 その7】 JAMMA対応・万能ステレオハーネス

CATEGORYアーケード
1. アーケード基板の所有歴の割に‥
私がアーケード基板を所有することになって、おそらく15年以上経ちます。しかし、それだけの年数の割に、肝心の中身、経験値はサッパリだったりします。特に基板やコントロールボックスの取り扱い、メンテナンス関係は弱いです。

取り扱いについて、例えば基板のステレオ化は割と初歩的なテーマでしょう。しかし、私がこれを出来るようになったのは、実はここ2年ほどの話なのです。読者の方には、「えっ、今までそんな事もできなかったの?」なんて笑われてしまうかもw

2. ステレオ化のハードルの高さ
私が最初に購入した基板は、コナミの「パロディウスだ(初代)」でした。当時は専門店でも5000円とお手頃だったので。それが今なら2万円はしますけど!ホントにシューティング系は値上がり率がスゴイですよ。

パロディウスを遊び始めてから間もなくして、「おかしいな?」と思ったことは、なぜか音声がモノラル出力なことでした。

そうなんです。アーケードのJAMMA(ハーネス)という共通規格は、モノラル出力が前提になっているのです。モノラルが標準で、もしメーカーが独自で開発したステレオ対応の基板があれば、それはユーザーが個別にやってくださいという話なのです。これは家庭用ハードに慣れていた私にとっては驚くべき話でした。スーパーファミコン等は標準でステレオ対応のケーブルが付いてるわけですから。

「パロディウスだ」のステレオ出力端子
stereo10.jpg

これが実際のステレオ端子なんですが、今まで見たこともない、謎の4ピンコネクタが。これを見て、対応するコネクタ・ケーブルは一体どこに売っているのだろうと。それ以前に、これの名称がわからないのでやりようがないわけですw

あっくんの基板の館 基板のステレオ化
http://www.ne.jp/asahi/cc-sakura/akkun/asobi/kiban10.html

このあたりは今もお世話になっている「あっくんの基板の館」を参考にしたこともありましたが、当時の予備知識が無い私には、まったく理解不能でした。あっくんさん曰く、そんなに難しくないらしいのですが、ピッチとかR+、-とか、何なんだそれはとw

雷神IIの説明書にもステレオ化について書かれているのですが、やっぱりわけがわかりません。

上図のスピーカ(+)に基板のスピーカーの左の(+)を(-)は配線しません
上図のスピーカ(-)に基板のスピーカーの右の(+)を(-)は配線しません


当時、この箇所を穴が空くほど読んだのですが、意味を全く理解できませんでした。

そんなわけで、基板のステレオ化はこの段階で見切りをつけて、そのままということだったのです。

3. ファイターズヒストリーダイナマイトのB,Cボタン問題の解決がきっかけ
以前に紹介した、ファイターズヒストリーダイナマイトのB,Cボタン問題。これは、みの虫クリップを使ってボタンの接続を繋ぎ変えるというものでした。

私はこの経験から間もなくして、もしかしたらステレオ化もいけるのではないかと考えるようになりました。コネクタを取り寄せるんじゃなしに、とにかくコードさえ繋がれば音は出るだろうと。

そこで、再び雷神IIの説明書を引っ張り出して、基板の館で学び直し。今は(この場合は2年ほど前の意味)十数年前より多少は経験値もアップしているので、書かれてある話の内容もそれなりに理解できます。

4. ゲーム少年(きっど)流 JAMMA対応・万能ステレオハーネス

これがウワサの「万能ステレオハーネス」だ!
stereo01n2.jpg

そんなわけで開発にこぎつけたのが、ゲーム少年(きっど)流「JAMMA対応・万能ステレオハーネス(万能ハーネス)」なのです。

これは、画像の右上にあるみの虫クリップを基板のステレオ端子に接続して音声を取る方式です。ちなみに左上にある黒いかたまりは、サービス・テストスイッチです。ジョイスティック用のマイクロスイッチを流用しています。

カードコネクタのSP+(黒)が音声左、SP-(緑)が音声右になります。
stereo03.jpg/mv1_14.jpg/


ハーネスのSP+、-のコードを適当なところでカットして‥

FHD問題解決の功労者・みの虫クリップ
stereo02.jpg

みの虫クリップの付いたケーブル(延長ケーブル)。基板の出力端子に届くように、少し長めに作ります。

stereo05.jpg

先程カットした部分と延長ケーブルをはんだ付け。画像のように、接続面は熱収縮チューブで保護しています。これははんだ付けの前に通しておきます。なお、一般的に赤が「右」、黒・白が「左」ということで、延長ケーブルとクリップは、「緑→赤」、「黒→黒」という構成にしています。

モノラル再生時はこちらで
stereo06.jpg/mv1_14.jpg/


先にモノラルについて。モノラル再生時は元の位置にクリップを噛ませます。56ピン側の銅線はバラけないようにはんだで固めています。ステレオ・モノラルの同時出力は基板の故障の可能性があるらしいのですが、この方式であればそれはありません。

画像はMV-1のステレオ出力です(右側は反転画像)
stereo07.jpg/mv1_14.jpg/


ステレオ再生の場合は、こんな感じでクリップを噛ませます。MV-1は「4」が右(R+)、「1」が左(L+)なのでそのように。噛ませて少しズレることがあるので、このあたりはちょっとしたコツが必要です。ズレて隣の端子に接触しても音が出ないだけで、基板が壊れるというようなことは無いです。

ここで「真ん中の2本は?」というツッコミがあると思います。これはそのままにしておくのが正解です。

基板の館より一部抜粋
コントロールボックスで遊んでいる方も、特に何か改造する必要は無く、カード側の「SP」端子の「L」「R」に相当する端子に繋いであげればお終いです。例えばシグマ社製のコントロールボックスであれば、カードの「SP+」端子に基板のスピーカー「L」出力の+側、「SP-」端子にスピーカー「R」出力の+側を接続します。

??、残ったSP出力のLR「-」側の端子はどうするのって?
…答えは「何も接続しない」です。コントロールボックスのGNDライン「SP-」に相当するようになる事から、結線は不要になるのです。


雷神IIの説明書に書かれていたわけのわからない話も、実は内容としては同じことだったのです。それにしても雷神の説明書はわかりにくいです。「(+)を(-)は配線しません」ではなくて、例えば「(+)を配線して、(-)は配線しません」と表記すればいいのにw

本体・基板の設定を忘れずに
stereo08.jpg

画像ではヘッドホン出力からアンプ付きのスピーカーに繋いでいます。私の環境ではRGBから音が取れないので、これがいつもの方法です。

最後に本体側、もしくは基板側のモノラル・ステレオ機能を確認してからスイッチON。後は思う存分ステレオ再生をお楽しみください!ということになります。

ステレオケーブルについては、やはり基板側のコネクタの形状に合わせて、その都度部品を取り寄せて作るのがセオリーのようです。しかし、こちらの万能ハーネスは、基本的にコネクタの形状を問わないのが強みなのです。なにしろクリップで挟むだけですから。

ファイターズヒストリー(初代)のステレオ出力端子
stereo11.jpg

先のコナミ、SNKのコネクタは形状・ピンアサインは全く同じですが、例えばこちらの「ファイターズヒストリー(初代)」は違います。こちらのコネクタは2回りは大きいでしょうか。しかし、万能ハーネスを使えば別途コネクタを取り寄せる必要はありません。

5. 気になる「万能ハーネス」の音質は?
ここで、こんな粗末なクリップを挟んで、果たしてまともに音が出るのか?という疑いを持たれる方も多いと思います。

もちろん、ちゃんと音は出ます。

ですが、「音は出ます」では肝心の音質が悪そうなイメージなので、ここは「良い音が出る」と訂正しておきましょう。

2020年スーパーベースボール 1/2


以前に紹介した2020年スーパーベースボール。実はこれは、万能ハーネスを使用して録画したものです。というよりも、ブログで今まで紹介したアーケードゲームは全てこのハーネスを使っています。

動画を見ると明らかですが、ちゃんと良い音が出てますね。自画自賛ですよw

長年の課題を解決できたときの感動は格別です。そのせいか、未だに遊ぶ度にハーネスを作ったときのことを思い出します。

【遊ぶ その4】 凄ノ王伝説(5)

1. 船長を訪ねて周囲を探索



00:01~
久しぶりの凄ノ王伝説。次に何をするんだっけ‥?なんて、とりあえず「南のみなと町」でおさらいを。そういや海の凄ノ王を倒すために船が必要とか、そんな話だったなと。途中で酒場に立ち寄ると、新しい傭兵が。「ビッグボス(5000)」、「バモス(6000)」、そして「ジャック(8000)」。3人ともお高いですが、特に「ジャック」が気になります。やはり一番高い=強いだろうと。でも今回のところは見送りになりました。

02:20~
町の情報では西がどうこうとあったので、とりあえず西へ。

ところがここで、強制エンカウントが!厄介なマッドサタン(×6)が出現。これでは勝ち目がないので退散です。これは前にもあった無限ループ(イベントをクリアしないと先に進めないエリア)ということで、今度は南へ。

南に行くと「へいちの町」を発見。武器屋には非売品と、30000Gのアーマードスーツが。アーマードスーツ、とても気になります。今までの武器屋の相場からぶっ飛んだ価格設定。これはかなり期待が持てそうです。でもおカネが‥w

03:10~
西から南へ歩いても船長の手がかりは無し。ここで、一度南のみなと町に戻ってみることに。

「『西のとうだい』は 海ぞいに南東にあるいて」‥ああ、そういうことですかw「西」に気を取られて、とにかくそっち方面に行けば良いのかと思い込んでましたよ。

2. 船長発見~南の海域へ
03:30~
気を取り直して南東側の「西のとうだい」へ。あっさりと船長が出てきて、またいつものように唐突な展開が。「まさか… きみが うわさの朱紗か?」なんてw

03:58~
船を使い、みなと町の南にある2つの灯台を目印に、さらに南に進みます。

途中ではモンスターとの戦闘もありますが、船上では専用のBGMがあるとはなかなか凝ってますね。しかも船での戦闘は、陸上とは仕様が異なっています。行動回数が3人一組で2回、敵からの攻撃は朱紗が先に受けて、ダメージの1/3程度が他の2人に当たるというものです。それにしてもこのシードラゴンは、必ず先制攻撃を仕掛けてくるのが厄介です。

05:00~
しまの町。武器屋には「ハイパーバリア」が。他の武器を買っても少し稼げばなんとかなります。

町の西に住んでいる「むみょうしょうにん」。海の凄ノ王の城に入るための「かがみの盾」をもらい、ついでに修行もつけてもらいました。かがみの盾は単なるイベントアイテムではなくて、防具としてもかなりの性能でした。

周辺の敵を倒してお金を貯めて、武器とハイパーバリアを入手。今日はこれで終わりにしようと考えたのですが‥。

3. ジャックの加入とマッドサタン狩り・アーマードスーツを入手
06:07~
どうしても「ジャック」の存在が気になって、さらに8000G貯めて南のみなと町の酒場へ。ここで「ジャック」を仲間にして「ごき」を交代させました。タイプ的にはごきの上位みたいな印象だったので。

しかし、ジャックは高いだけあってメチャメチャ強いですね!一通り装備させるとキャラ2人分くらいの戦力。並の敵ならもちろん1発です。ESPも豊富で、特にキュアのLV3はこの段階ではジャックだけ。攻撃も回復もランクが違います。さらに「けんた」よりも素早く、戦闘では「ジャック>けんた>朱紗」の順になりました。

ジャックの高性能ぶりに満足していると、ふと、一番最初の強制イベントのことが引っかかりました。「これは‥稼げる!」と。ジャック+最新の装備であれば、マッドサタン狩りが出来るのではないかと。となれば、高額なアーマードスーツも簡単に手が届くはずです。

06:49~
ジャックの攻撃力はすさまじく、マッドサタンも瞬殺。あとはハイパーバリアを使って、敵のESP対策も万全。序盤のザコ敵みたいに楽に倒せました。1回の戦闘で約1200G(1体あたり200前後)をゲット。これは効率の良い稼ぎ場です。わずか30分くらいでアーマードスーツ代を用意できました。

アーマードスーツ。これはヤバいですねwこれは当初、防具だと思ってたんですが、全身に装備するという、武器と防具を兼ね備えた特殊な仕様です。この時点では戦力的に力不足なけんたに持たせたんですが、今度はジャックを超える数値にw

アーマードスーツを武器として試してみると、これは近距離用の武器と思いきや、なんと遠距離攻撃なのです。このあたりではガードが堅いマーダベアに100以上、それ以外は200前後のダメージが入ります。どのみち1回あたりの攻撃(行動回数)に耐えられるモンスターはいません。これはアカンですよw

【工作室 その6】 SNK MVSマザーボード MV-1 謎の「消せない粉」問題

CATEGORYアーケード
1. MV-1入手当初からの謎の「粉」問題

これは電池交換前のMV-1です
mv1_11.jpg

MV-1を入手して、動作確認を済ませた直後からです。ある箇所がどうもおかしいのです。

謎の「消せない粉」が‥
mv1_12.jpg

正面から見て、ROMカセットのスロット左側のこの箇所に限って、なぜか「粉」が溜まっているのです。

真ん中・右側に粉らしきものは見当たりません
mv1_13.jpg/mv1_14.jpg/


最初にこれを見たときは「ちゃんと掃除したんだけどなあ」と思いつつ、掃除機できれいにしたのです。

ところがこの粉は、またしばらく経つと、いつの間にか溜まっているのです。きれいにしても粉が溜まるの繰り返し。

スロットの下にライトを当ててチェックしても、特に問題は見当たりません。もちろん、遊び終わったら必ずカバーを掛けているわけで、問題の粉が普通のよくあるほこりの類でないことは明らかです。

しかし、この「消せない粉」の正体は一体何なのだろうと。掃除した後でどこから湧いてくるのかとw

2. 粉の正体は、ROMカセットの削りかすだった!
この粉は、ほこりのようでそうではない。粉の質も、手で触ると少し硬い。問題箇所を中心に時間をかけて観察してみた結果、この粉の正体は、なんとROMカセットの削りかすであることが判明したのです!

カセット左側・真ん中の溝の周りが削られやすい感じです
mv1_15.jpg


MV-1のスロットは画像でも明らかなとおり金属製なのですが、実はこれが厄介な問題を抱えていたのです。これは実際に指で触ってみると明らかなのですが、金属板の端っこに「バリ」のようなものが残っていて、ザラついているのです。特にL字状になっている箇所の縦の部分、ここにカセットを抜く時に引っかかり、かつお節削りみたいな事になっている。そして削れたかすが下に溜まっているということなのです。私はカセットを抜くとき、最後に左側に少し力を入れるので、そうなるわけです。

ここで一つフォローを入れておきますと、ROMカセットが削れるというのはちょっと大げさな表現かもしれません。削れると言ってもカセットに致命的なダメージを与えるとか、そういうわけではないですから。実際に削られる量としてはごくわずかですし、それにカセットはもともと中古品なので、ところどころに傷がついていますから。

3. 暫定的な対策法
しかし、それでも毎回のように削りかすを掃除するのも面倒です。やはりこの問題は放置するわけにはいきません。

原因としてはカセットと金属部分(バリ)の摩擦なので、要は間に何かを挟めばこの問題は解決するはずです。素材としてはカセットの抜き差しの邪魔にならないような薄さが第一。そして滑りがよく、耐久性が高いものがベストでしょう。

台風対策?で最近話題の養生テープ
mv1_16.jpg

このような条件を満たす素材について、とりあえず家にあるものでいろいろ試してみたのですが、今のところは「養生テープ」が良い感じです。薄さと滑るという点では確かに使える素材です。

縦の部分を重点的に
mv1_17.jpg

カセットにダメージを与える原因と思われる、L字の縦の部分は2重に巻いています。

横の部分はそんなに影響はないと思うのですが、ちょっとおまけで、端の方を包み込むように貼ってみました。

術後の経過はどんな感じでしょうか?
mv1_19.jpg

養生テープを貼り付けた後、実際にカセットを4~5回ほど抜き差しして、削りかすが出てこないかチェックします。

どうやら上手く行ったようです
mv1_20.jpg

こんな感じで、タイトルの「消せない粉」問題は無事に解決しました。

4. 今後の課題について
今回使った養生テープは、薄い・カセットが滑りやすいという点では文句なしですが、耐久性ではちょっと疑問が残ります。今後も遊ぶ度に問題箇所に繰り返し力が加わるわけで、やはり長くは持たない気が。

作業を終えてコーヒーを飲みながら一休み。ふと、今度は「プラ板」はどうかと思いついたのですが、やっぱりそっちのほうが良いなとwカッターでも楽に切れる薄いプラ板を両面テープで貼り付ける。こっちの方が確実なのは明らかです。

次の機会に「Ver.2」を試してみたいと思います。